10月26日
温室効果ガス、大気中濃度が過去最高
 世界気象機関は25日、大気中二酸化炭素の世界平均濃度が、 2020年413.2ppmと、19年を超え、観測史上最高と発表。 コロナの影響で、化石燃料由来CO2排出量は5.6%減だが、 大気中濃度を引き下げることはなかった。 メタンは1899ppb(ppbは10億分の1)、一酸化二窒素も 333.2ppbと史上最高値を更新した。  COP26で温暖化ガス排出量の多い石炭火力縮小が議題になり、 中国は発電量の6割を、インドは7割を石炭に頼っており、 中国は30年までにCO2排出をピークアウト、インドはGDP当たり 排出量を05年比33〜35%減らす意向を示している。

 ★要は米中印の本気度。

スーダン軍、デモに発砲、3人死亡80人負傷
 スーダン首都ハルツームで25日、軍事クーデターの抗議デモに 軍が発砲、3人が死亡、80人以上が負傷した。軍は同日、首相や 閣僚を拘束し、ブルハン統治評議会議長が暫定政府解散を発表。  国連はスーダン軍を非難し、閣僚らの解放を訴えた。米は スーダン支援の停止を発表、民政への即時復帰を要求した。

 ★金と権力を欲しがる軍人。

メキシコ、南部に古代遺跡群
 メキシコ南部で猪俣・米アリゾナ大教授らの調査団が 紀元前1100〜400年ごろのの遺跡478を発見と発表。 昨年6月にマヤ文明最古最大の構造物を確認、 長さ1.4km,幅400m,高さ15mの土舞台で祭事用とみられ、 その周囲8.5万km2をレーザーで分析し、似たような遺跡を 多数発見した。

 ★大量の遺跡。

H2Aロケット打ち上げ、日本のGPS更新
 H2Aロケット44号機が26日、打ち上げられた。 日本版GPSみちびきの1号機の後継機に入れ替え、 現在の4機体制から23年度に7機体制に移る。 米GPSと一体利用でき、誤差10mが1mに、専用受信機で 6cmに向上できる。

 ★6cmなら軍事スパイ衛星なみ。

7割がワクチン2回接種完了
 政府は26日コロナワクチン2回接種完了が、人口の70.1%と 発表。G7では1位のカナダに次ぎ、2位イタリアとほぼ同じ。  先行した米や英は6割超えで伸び悩んでいる。

 ★順調に増加。

10月25日
小笠原から沖縄に大量の軽石
 小笠原諸島の海底火山・福徳岡ノ場の2カ月前の噴火で 発生した軽石が、1400km以上離れた沖縄に先週から、大量に 流れ着き、漁業や観光に被害が出ている。 噴火は国内で戦後最大級ので、マグマ量は3〜10億トン。

 ★ぶつかりって細かくなり、いずれ沈むけれど。

スーダンでクーデター
 軍民共同統治のスーダンで21日、軍の一部による クーデターが発生、首相、閣僚4人と統治評議会の 文民メンバー1人が拘束された。軍と文民組織が 非難の応酬を続けている。

 ★今も問題だらけなのに。

通学路改善要望
 読売調査によると都道府県政令市東京23区の主要74自治体の 小学校通学路で2018〜20年度に交通事故の危険があると 2.7万件の改善要望があり、うち対策されたのが1万4700件。 対策が進まない理由は、道路が狭く対策できない25自治体、 予算不足21自治体、信号と横断歩道の間隔に制限がある11自治体。  要望が多いのは横浜市3667、名古屋市3124、川崎市1647、 神戸市1437、宮崎市140など。

 ★選挙の公約に。

中露軍10隻、日本列島を一周
 防衛省は23日、津軽海峡を抜け太平洋を南下した中国と ロシアの海軍艦艇計10隻が大隅海峡を通過し、東シナ海に 入ったと発表。日本列島をほぼ一周した。

 ★中国が圧力強化。ロシアはおつきあい。

福徳岡ノ場噴火、戦後最大級
 産業技術総合研究所などによると、8月に小笠原諸島の海底火山 「福徳岡ノ場」で発生した噴火は、放出の軽石や火山灰は推定 1億m3(東京ドーム80個分)〜5億m3と、国内で戦後最大級。 江戸時代(1783年)の浅間山(長野・群馬)の天明噴火に匹敵し、 今月20日阿蘇山噴火の1万倍ほどの規模になる。  福徳岡ノ場は有史以来たびたび噴火、新島を形成し消滅を 繰り返してきた。直前の水深は25〜40m程だった。  1300km以上離れた沖縄や奄美に噴出した軽石が漂着し、 漁業や観光業に影響を及ぼしている。

 ★冷害になった浅間山噴火。

ジョーダン氏のシューズ1.7億円、使用品で過去最高
 マイケル・ジョーダンがルーキー時代に公式戦で着用した エアシップが24日、サザビーズのオークションで147万2000ドル (1億6700万円)で落札された。。

 ★やはりジョーダン。

20年度捕獲、鹿12%増、イノシシ6%増、各最多
 環境省と農水省によると20年度の鹿とイノシシの捕獲で、 鹿12%増の67万4800頭、イノシシ6%増の67万8900頭、 計9%増の計135万3700頭と各過去最高。農作物被害額は 減少したが、北海道が集計中のため、全国被害額は未集計。

 ★鹿の肉もほとんどが廃棄に。

中国の宇宙船、ステーションにドッキング
 中国の3人乗り宇宙船「神舟13号」が16日打ち上げられ、 中国が建設中の宇宙ステーションとドッキングした。 宇宙ステーションは来年中に完成予定。

 ★中国の宇宙技術進化。

10月22日
米への不法越境、年170万人
 米ワシントンポストによると、メキシコから米へ不法入国し 身柄を拘束された人が9月末までの1年で170万人と過去最多。 不法越境は昨年から増加していたが、バイデン政権発足後、 さらに急増。

 ★アフガン含め、バイデンの無能が次々に露呈。

モスクワ、28日からロックダウン再導入
 モスクワは21日、対コロナのロックダウンを28日から 11月7日まで再実施と発表。昨年6月以来の処置で、スーパーや 薬局などは営業許可され、学校や幼稚園は閉鎖、飲食店は テイクアウトやデリバリーのみ可。劇場や博物館は入場者制限し、 マスクとワクチン接種証明書か回復証明書提示が求められる。  ロシアの21日24時間の新規感染3万6339人、死者1036人は、 過去最多。隣国ウクライナも新規感染と死者が過去最多だった。

 ★プーチン、選挙は違法行為で乗り切ったが。

ロシア、全土に1週間休業命令
 プーチン大統領は20日、コロナ対策で全土に30日から1週間の 有給休暇実施を命じ、国民にワクチン接種を受けるよう訴えた。 接種完了者は35%。独立系の世論調査では、国民の半数以上が ワクチン接種するつもりはないとしている。 ロシアのコロナ死者は欧州最多で、20日の死者が過去最多の 1028人に上った。

 ★ロシア製ワクチンが信用されていない。

韓国初の独自ロケット、衛星軌道投入に失敗
 韓国が独自開発とする3段型ロケット「ヌリ号」が21日、 打ち上げられ高度700kmに達したが、3段目の燃焼が足らず、 模擬衛星の軌道投入に失敗した。文大統領はナロ宇宙センターで 打ち上げを視察。高度700km到達も凄いことで、来年5月の 2回目打ち上げでは必ず完ぺきな成功となるとした。 ヌリ号は10年、2兆ウォン(1940億円)で開発され、200トン、 全長47.2m、液体燃料エンジン6基を備える。  日本は51年前の1970年に人工衛星を打ち上げている。

 ★北朝鮮と競争。

10月19日
英、コロナ感染再拡大
 英国でコロナ感染が再拡大し、18日の1日当たり新規感染は 4万9156人と、コロナ規制全面解除数日前7月17日以来の最多。 7月19日から屋内のマスク着用義務、バーやレストラン、集会の 人数制限などが撤廃されたが、先月感染が60%超急増した。  日本は新規感染が8月20日2.5万人超を記録したが、その後、 1日500〜1000人程でピークの2%まで減少。人口の65%が ワクチン2回接種を終えている。

 ★マスク習慣の有無か?

10月16日
アフガン南部のモスク、自爆攻撃で41人死亡
 アフガニスタン南部カンダハルのシーア派のモスクで15日、 礼拝中に自爆攻撃があり、少なくとも41人死亡、約70人負傷。 1人がモスク内で、2人が建物外の人だかりの中で自爆した。 ISが犯行声明を出した。前週も、北部クンドゥズのシーア派 のモスクで自爆攻撃で55人死亡、ISが犯行声明を出した。

 ★洗脳力の高いIS。

台湾、ビル火事で46人死亡
 台湾・高雄市の旧市街地で14日早朝、13階建て雑居ビルが 全焼し、46人死亡、41人負傷。7〜11階がマンション(120戸)で、 死者の多くは住民とみられる。同日午前3時頃1階ごみ置き場が 焼けていると通報され、1階にいた男女2人が拘束された。 ビルは築後40年ほど、1Fはガスボンベがあり、1〜6階は使われず、 放置のごみが火勢を強めた可能性がある。

 ★人災?

スペイン、体長3メートルの巨大マンボウ
 スペイン沖の地中海で、長と幅が3メートルの巨大マンボウが、 網にかかり引き上げられた。体重推定2トンで、海へ戻された。

 ★2トンのマンボウ!

10月13日
対中債務、途上国で膨張
 世界銀行の11日発表「国際債務統計」によると、 中国の低中所得国への債務が20年末で1700億ドル(19兆円)と 11年の3倍超に増大。ほとんどインフラ整備で、モルディブ、 パキスタン、スリランカは中国が国別最大債権者で、 サハラ以南アフリカ各国が多額融資を受けている。  低・中所得国向けの融資残高(20年末)は、 国際復興開発銀行IBRD2040億ドル、国際開発協会 IDA1770億ドルで、中国は国際機関匹敵の資金を 供給している。  又、世銀統計の最貧国20年債務は12%増の8600億ドルで、 過去最高。

 ★中国共産党も欧米財界も詐欺師。

10月11日
シンガポール接種8割超も感染急増、98%軽症
 シンガポールは6日、1日当たり新規感染が過去最多3577人に。 2桁前後が続いていたが8月末から急増、9月中旬に1千人超え。 9月死者は40人。6日時点ワクチン接種完了83%とシンガポールは アジア最高。8月上旬に5人以内の会食や結婚式など集会参加を 接種完了者に認めてから増加。ただし、新規感染の98%が、 無症状か軽症に抑えられ、3回目接種を進めている。  首相は2日、インフルエンザのように定期的な感染症として 備えなければならない。ワクチンや予防策で共存可能とした。

 ★ワクチンで軽症に。

アフガン人大使館職員ら53人、日本到着
 外務省は9日、日本大使館やJICAのアフガン人現地職員ら53人が 成田空港に到着と発表。カタール政府協力で首都ドーハ経由で 移動。日本政府が査証発給した。これまで陸路で近隣国に 逃れた関係者を日本政府が保護していた。

 ★ビザを全員に早急に。

アフガン北部のモスク、IS自爆攻撃で55人死亡
 アフガニスタン北部クンドゥズのシーア派のモスクで8日、 礼拝中に自爆攻撃があり、少なくとも55人死亡、143人負傷。 モスクには300人以上がおり、負傷者は靴磨きの子供の カバンが爆発したと話し、イスラム国(IS)が犯行声明を出した。

 ★タリバンもISもスンニ派。

米英日の空母4隻が共同訓練、中国台湾越境<150機/strong>
 今月3〜9日、南シナ海で米英日の空母4隻含め6カ国共同訓練が 17隻1.5万人以上で行なわれ、中国は対抗して台湾防空識別圏に 述べ149機で侵犯。米は原子力空母2隻、英Qエリザベスと 日本のいせ。いせはヘリ10機搭載だが同型艦がQエリザベスと 同じ、F35Bの発着訓練を終了している。

 ★周にゴルゴ13を。

岡山林間学校の小学5年生、83人集団食中毒
 岡山県7日に真庭市蒜山下和の旅館で、林間学校の大阪の 小5年と教員、98人のうち83人に集団食中毒が発生と発表。 軽症で快方に向かっている。津黒高原荘は4日間営業停止。

 ★軽症で良かった。

10月8日
世界で食料高騰
 国連食糧農業機関FAOが7日発表した9月世界の食料価格指数 14〜16年=100に対し130.0と前年同月比で33%上昇。 11年9月(130.4)以来10年ぶり130%台。穀物が27%上昇、 干ばつが、ブラジル、米国、カナダで農業に影響。 植物油もバイオ燃料需要が増えて、価格が61%上昇。 原料の植物油需要が拡大。

 ★穀物価格27%増は深刻。

ブラジル南東部、干ばつの砂嵐で6人死亡
 ブラジル南東部で強い砂嵐が相次ぎ、サンパウロ州で 倒木や家屋の倒壊で少なくとも6人が死亡。  砂嵐は砂漠地帯で砂嵐が頻発、高さ数千m、幅160kmで、 数時間続く恐れもある。ブラジルは過去91年間最悪の 干ばつで、中西部と南部の水力発電ダムの水位が低下し、 電気料金が高騰している。

 ★アマゾン熱帯林を広範囲伐採。

ベネズエラ、通貨100万分の1に切り下げ
 南米ベネズエラは1日、通貨を100万分の1に切り下げる。 デノミを実施。通貨はゼロを六つ減らしたボリバル・デジタルに。 ベネズエラのデノミは13年間で3回目。08年以降14桁を切り下げ。 かつて豊かな産油国だったが、国民の4人に3人が極度の貧困状態。 ここ数年で数百万人が国を離れている。

 ★反米で米が制裁。

10月5日
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏
 ノーベル物理学賞に米プリンストン大上席研究員の 真鍋淑郎さん(90)が選ばれた。地球温暖化研究の先駆的存在で 招かれて50年代末からアメリカで二酸化炭素濃度上昇が大気や 海洋に及ぼす影響を研究。アメリカ国籍を取得。 日本でも研究指導や講義を行い、97年から5年間は日本の 研究のリーダーをつとめた。

 ★日本の研究者環境。

仏カトリック聖職者の性的虐待、被害21.6万人の子ども
 仏カトリック教会の性的虐待調査委員会は5日、1950年以降、 推定21.6万人の子どもが虐待被害にあったと発表。カトリック系校の 教師ら非聖職者含めると被害者33万人。これまで教会が隠蔽した。  映画「グレース・オブ・ゴッド告発の時」にもなった実在の 仏ブレナ神父(現在75歳)は71〜91年に7〜15歳の少年80人以上に 性暴力を働き、実際の被害者は2000人程と言われる。 プレナ神父の上司、バルバラン枢機卿は事件を知りながら 通報せず、隠蔽罪で執行猶予付禁固6ヶ月が下された。 20年1月からのプレナ公判では本人も少年時代に聖職者から 性的虐待を受けていたと判明。3月に禁錮5年が言い渡されたが、 プレナは上訴中。  仏はカトリックが最大宗教で人口の65%がカトリック教徒と しているが、教会に通うのは4.7%、57%が宗教的活動を 一切していない。ヨーロッパや北米のカトリック信者や 司祭は年々減少。

 ★宗教はマイナスが多すぎ。